【がまぐち】リネンこぎん刺しのラインナップが新しく登場しました

このたびこぎん刺しのラインナップを新しく作りました。

こぎん刺しは津軽地方で生まれた伝統的な図案を施した刺繍です。

もともとは麻しか手に入らない時代に、布目をふさいで保温効果を保ったり布の強度を増すための工夫だったとか。

ただ生地を埋めるだけではなく、美しい模様を施して暮らしを彩るというあそび心のある工夫が現代まで引き継がれ愛されているそうです。

と、こぎん刺しについて知ったかぶりに書いてみましたが、単純にこぎん刺しのかわいらしさと、がまぐちの相性はいいはずだ!というところから新しいラインナップを作ってみることにしました。

さっそく各ショップにUPしているので、少し紹介します。



リネンこぎん刺しラインナップ

こちらは一番小さいサイズの横ひねり口金を使ったもの。

幅9cmの口金サイズなので、小銭入れとして使ったり、リップクリームやお薬ケースなど小さい物の持ち運びにお使いいただけます。

生地は生成りとホワイトを糸の印象に合わせて変えています。

***

こちらも横ひねりの口金を使い、ラインとしてこぎん刺しを施したもの。

生成りの生地に鮮やかなグリーンの糸がとてもよく映えます。

こちらは口金サイズが幅13cmのもの。

さきほどの9cmのものより大きいので、リップクリームなどに加えてスマートフォンの充電ケーブルなども入ります。

昔から人気のある一番ベーシックな横ひねりのがまぐちです。

***

こちらも人気の高いめがねケースサイズです。

底部分にまたがって全体的に連続模様が続きます。

生成りの生地に白い糸でさわやかな印象にしてみました。

口金サイズは16.5cm。

***

今回新しく追加したがまぐちは以上です。

こぎん刺し用にコングレスという目の粗い生地があるのですが、それでがまぐちを仕立てると目の粗さが目立ってしまいます。

色の薄い生地だと特に。

個人的にはがま口を仕立てた時の目の粗さがとても気になってしまうので、ざっくりと織られたリネン生地を使っています。

このリネンはこぎん刺し専用の生地ではないため、糸に太さのバラつきがあり織りムラがあります。

この織りムラによって図案も均一ではなく多少隙間があいたりする部分もあります。

ですが、丈夫で味わいのあるリネンです。

この味わいとともに織りムラもお楽しみいただければと考えています。

このリネン独特の素朴な風合いがとても好きなのです。

今後少しずつラインナップを増やしていこうと思います。

生地の色、糸の色、伝統的な図案の数々。

組み合わせ方によって印象がそれぞれ異なるため、かなり世界が広がります。

***

それぞれ各SHOPで販売中です。

一般のお客さま・・・BASE店へ

minne会員のお客さま・・・minneページへ

creema会員のお客さま・・・creemaページへ

よろしくおねがいします!

ad_text




ブログ村バナー

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村 雑貨ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする