【持たない暮らし】秋も冬も同型コートで私服の制服化を簡単に

冬用コートの準備

そろそろ本格的な冬がやってきそうですね。

冬用のコートを準備を準備しました。

2年前のセールで衝動買いしたプチプラコートです(確かセールで5900円くらいでした)

ちょっと重いけれど、意外と暖かくデザインもシンプルで出番の多いコートになりました。

フードを取り外せばノーカラーコートになりますが、首元が寒いのでずっとフードはつけてます。

衝動買いは失敗しがちですが、このコートは大丈夫だろうという確信がありました。

秋のステンカラーコートとほぼ同じデザインで冬素材にスライドするだけ

秋に着るコートは断然ステンカラーコート派という記事を書きました。

朝晩はグッと気温が下がるようになってきました。 「秋は何着るんだっけ…?」 と迷子になりがちです。 私は朝晩の通勤...

肝心の秋コートの写真は撮ってないのですが、私が持っているステンカラーコートは紺色で取り外し可能なフードつきです。

シルエットも色もほぼ同じコートを秋素材と冬素材でスライドする形になっています。

おしゃれを楽しむという点では、違うものを着た方が気分が変わって楽しいのだろうと思うのですが、着るものに悩まず制服化していくにはとても効率的だと思います。

実際はダウンやショートコートも着るので気分は変わります。

冬のコート一本化はまだまだハードルが高いですが、今年は黒のショート丈のダウンジャケットを買い足してこのコートとダウンジャケット2着で着まわせないか試してみたいと思ってます。

年々寒いのが苦手になり、冬はずっとダウンでいいじゃん…という守りの姿勢になりつつあります。

冬のコートを減らせるか…という検討はまた別の機会に書いてみようと思います。

おまけ

白・紺・グレー・黒が基本の色です。

紺のコートがすんなりなじむのがよくわかると思います。

今年は挿し色に赤を入れたいのでマフラーかストールを探します!

ad_text




ブログ村バナー

ランキングに参加しています
にほんブログ村 アウトドアブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする