【山】登山歴1年が考えるユニクロで代用できる初心者向け登山服

6月頃に買って、すぐ暑くなったのでまだまともに着ていないMarmotのジャケット。

この独特の淡いグリーンがツボです。

早く着たくてうずうずしています。

ユニクロのポケッタブルパーカーからの買い替え。

登山を始めたばかりは、一気にこだわって道具を揃えようとすると高額出費になるため、ユニクロで代用できるものはユニクロフル活用していました。

登山初心者がユニクロで代用していた登山服

◎もともと持っていたものを活用

・ジップアップで着脱自在のフリースジャケット

(今年は軽量コンパクト化保温力UP目指して登山用のフリースを購入予定)

・コンパクトに収納できるウルトラライトダウン

(これはたぶん今年も継続使用)

◎登山を始めて購入したもの
いつでもどこでもすぐに羽織れる!携帯に便利なポケッタブル仕様の軽量パーカ。

防風効果を狙って購入して使っていました。

軽量パーカーが2990円+税で買えます。

山道具フル装備揃えるのはまだ無理!という登山初心者には強い味方です。

中にフリースやウルトラライトダウンを着こめるだけのゆとりのあるサイズ選びをしました(場合によってはメンズ商品も可)

登山歴1年の経験上おススメしないユニクロ代用品

逆に活用できそうだけど登山に不向きなのがヒートテックやエアリズムです。

登山でいうところの一番下に着るベースレイヤーというやつです。

速乾を謳うエアリズムのタンクトップを一番下に着て山に登ったことがありますが、全然速乾性を発揮せずこりゃダメだとすぐに思いました。

ヒートテックは試したことがありませんが、動いて発熱という効果はおそらく不要(登山中は真冬でも汗をかきながら登るので基本暑い)

重要なのは、頂上について汗が引いていくとどんどん体温が下がるので、そこで保温力を発揮するもの。

そこはやはり登山特有の必要な機能になるので、初心者とはいえベースレイヤーは登山用のものを購入するのがおススメです。

モンベルだと一番お手頃価格のジオラインというシリーズの長袖でも3100円。

軽量で速乾性に優れているので、夏場のウォータースポーツや、寒い季節の激しく汗をかく運動など、オールシーズン活躍する汎用性の高いモデルです。襟回りを広くとっており、上からTシャツなどを着た際に見えにくくなっています。

すごく高いというわけではないので、モンベルのこのシリーズは本当にコスパがよくおすすめです。

ある程度道具が揃ってきたら上質なベースレイヤーのメリノウールにグレードアップするもよし、私のようにユニクロ代用品を卒業するもよし、懐事情に問題のない方は最初からこだわって山道具を揃えるもよし、です。

今週末は低山へ慣らし登山に行く予定なのでMarmotのジャケットが着れるかなぁと楽しみにしているのですが、くもりと雨マークがついてます。

さて、どうなるでしょうか…

登山歴1年視点のユニクロ活用例について書いてみました。

こちらもどうぞ

山登りを始めた人が最初に買うのは登山靴(トレッキングシューズ)である確率はかなり高いと思います。 私が登山を始めたときも、まず...
ad_text




ブログ村バナー

ランキングに参加しています
にほんブログ村 アウトドアブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする