【がまぐち】がまぐちの仕上がりがヨレてがっかり…そんなときは

がまぐちの仕上がりがヨレてがっかり

がまぐち作り、生地を選んで裁断してミシンで縫って、いざ口金へ

…仕上がりがなんだかイマイチ

というループを初期の頃にたくさん経験しました。

ヨレっとした仕上がりは納得できない。

張りのあるぽてっとしたフォルムが好きなんです。

この好みのフォルムに仕上げるには…

接着芯は使いません

アイロンで接着させるタイプの芯地は使いません。

生地と口金の溝の細さに合わせて、厚め薄めのキルト芯、手芸店にあるパネルシアター用の不織布、フェルトなどを使い分けています。

口金に挟み込むときに、生地を均等に完璧に同じ分量角度で差し込むのはほとんど不可能です。

だから中の芯地には、自由に動ける存在でいてほしい。

くっついていると、ちょっと無理に挟んだところはそのまま表布にも伝わってヨレとして出てきます。

接着をやめて、張りのあるぽってり具合に仕上げられるようになりました。

仕上がりがヨレて、なんだかモヤモヤするという方は接着しない芯地で作ってみてはいかがでしょうか。

ちょっとしたがまぐち作りのコツの紹介でした!

ad_text




ブログ村バナー

ランキングに参加しています
にほんブログ村 アウトドアブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする